くりっく365口座開設

FXのデメリット

FXのデメリット・リスク

くりっく365 説明

 FXのデメリット・リスクについての解説です。

 

 レバレッジでは、利幅も損失幅も大きくなる

 

証拠金の何倍もの額で取引ができるレバレッジは、大きく利益を生み出す半面、損失リスクも大きくなることを常に頭に入れておかなければなりません。


 

少ない資金で始めた取引で、その資金以上の損失を出してしまう可能性もゼロではないのです。

 

リスクをどれだけ許容できるかを把握した上で、その範囲内に収まるようにレバレッジの倍率は控えめに設定しておきましょう。

 

 

 多くの要因により為替相場は変動する

 

FX取引では、為替相場の変動により外貨を購入した後に円高が進み(逆に、外貨を売却した後に円安が進んで)、購入した外貨の価値が下がると、下落分は為替差損という損失になってしまいます。

 

また、各国の経済政策転換やテロ、災害などによっても為替相場は、大きく変動することがあります。

 

特に、米ドル・ユーロ・円相場が極端な値動きになると、各国が共同で経済対策を出すなど、相場安定を目指す動きが出てきます。

 

為替相場を左右する要因が、ほかの投資商品よりも国内外多岐にわたるため、さまざまな理由で価格が変動しやすいというリスクがFX取引にはあります。

 

 

 スワップポイントを支払う場合がある

 

FX取引では、「円を元手に外貨を安く買って高く売る」取引と「円を元手に外貨を借りて高く売り、安く買い戻す」取引ができます。

 

最近は日本円に比べ、外貨の方が金利の高い状態が続いています。

 

このため、円を売って外貨を買った場合(「金利の低い通貨」を売って「金利の高い通貨」を買う)は、その金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。

 

しかし、外貨を売って円を買った場合(「金利の高い通貨」を売って「金利の低い通貨」を買う)は、その金利差を逆に支払わなければなりません。

 

この場合、売買時にかかる委託手数料とスプレッドに加えて、スワップポイントの支払いが日々発生します。